自衛隊の求人

官公庁求人TOP >> 勤務先別の官公庁求人 >> 自衛隊の求人

自衛隊の求人を探すには?

自衛隊は日本国の安全を保証するため、また海外へ派遣され現地の平和維持活動などをおこなうため、さらには大規模な災害などが起きた時に迅速に救助や復興活動を行うことを目的として活動を行っている団体組織となります。

自衛隊をめぐる問題は自民党から民主党政権に変わり、再度自民党政権へと戻ったことでより深刻なものと言わざるをえない状況となっています。昨今は特に自発的防衛活動の側面から、軍隊としての認識が強まっており、これに関しては賛否両論あるのが現状と言えます。しかしながら自衛隊の活動によって東日本大震災の際には急速な復興活動を行ったり、または海外での災害復興支援隊として国際的なチームに協力をしたり、あらゆる場面で活躍していることもまた事実と言えます。自衛隊をめぐる問題は非常に複雑であり、今後も国会を中心に議論は発展していき、自衛隊を巡って存在する様々な問題解決に向けた政策討論が期待されます。

自衛隊の求人は非常に多岐にわたっています。自衛隊幹部候補生とよばれる、今後自衛隊の将来を担う幹部として活躍できる人材を確保するものや、医科・歯科幹部候補生、技術幹部、看護自衛官、防衛大学校学生などの自衛隊員として職務をまっとうする者から、防衛省の職員として教習や共感業務、養成業務を担うものから、自衛隊に支給される食品などを取り扱う一般企業・商社などの仕事など、自衛隊にまつわる求人も多くあります。逆に退職自衛官のための求人といったものも非常に多く、これまでの経験や実績を評価されることで、様々な一般企業や官公庁関連への就職も可能とされています。つまり自衛隊に関する求人は常に存在しているといえます。

中途採用での自衛隊求人への応募に関してですが、医師や歯科医師、看護師などの資格を持った方は自衛隊医科幹部候補生などへの中途採用が可能です。また20代であれば中途採用によって自衛隊幹部候補生への採用試験を受けることが出来ます。一方海上や航空に関する技術・技能系の中途採用であれば、38歳未満の大卒者の中途採用を行っています。いずれにせよその職務に対して必要な資格・免許が必要となりますが、資格を持っていて自衛隊で仕事を行いたいという方は、採用活動時期に自衛隊のホームページなどを参考に応募を検討してみるのが良いでしょう。また同時に、最幼児期には転職サイトで自衛隊の求人情報も掲載されることが多くあります。そのため必要な情報を早期にキャッチするためにも、転職サイトに登録することをおすすめします。転職サイトでは自衛隊に関する情報も掲載していますので、あわせて利用するとよいでしょう。

自衛隊の求人にも強い!転職サイトランキング

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 官公庁求人サイトランキング【※安定した環境で働きたい方必読!】 All Rights Reserved.