都庁・県庁の求人

官公庁求人TOP >> 勤務先別の官公庁求人 >> 都庁・県庁の求人

都庁・県庁の求人を探すには?

都庁や県庁で働くためには、国家公務員試験または地方公務員試験に合格し、都庁または各県庁の面接試験に合格しなければなりません。面接試験では2回の個別面接、およびプレゼンテーション試験・適性検査などが行われます。これらをクリアして、晴れて都庁・県庁で働くことが出来るようになります。また採用試験前にOB訪問することも通例となっており、試験だけではなく、現在都庁・県庁ではたらいている方から様々な意見やアドバイスを聞いたり、人脈形成などを行ったりすることが重要です。

都庁や県庁で働くための一番のハードルは、やはり公務員試験に合格することでしょう。しかし都庁の場合は経験者採用枠というものが用意されており、応募資格の年齢制限も都庁I類・II類と比較して、年齢が少し高めの既卒者であっても、受験することが可能です。都庁ではキャリア採用枠として設定しており、受験に必要な資格は学歴に応じて、卒業後民間企業などで一定期間の実務・職務経験があること、また技術職・専門職の場合はそれに必要な資格・免許を持っていることのみとなります。具体的には大卒で7年以上の実務経験、高卒で11年以上の実務経験があることが要件となります。

一方まだ年齢が20代の方の場合は都庁I類・II類の受験資格を持っていますので、昇進なども考えた場合はI類を目指して試験勉強に励むことも大切です。県庁の場合も同様で、若い世代の方は県庁職員としての採用試験に臨むことがまずは大切で、一方民間企業でこれまで働いてきた方、実績を持っておられる方で、県の抱える課題や政策案件に対して取り組んでいきたいと考えている方は、民間企業等経験者採用試験に応募していくことが、県庁への転職の鍵となります。

都庁・県庁に転職するために何が必要となるのか、といったことについては各志望する都庁・県庁のホームページをまずはしっかりと参照し、さらに試験勉強のためのテキストやパンフレット等でじっくり学習していくことが重要です。しかしそれだけでは、実際に働き始めた後のイメージをとらえにくい場合もあるでしょう。都庁では職員の方がキャリアアドバイザーとして説明会などでしっかり説明してくれますが、より詳細かつ現実的な意見を参考にしたい場合は、転職サイトが大変役立ちます。

転職サイトの中でも、全国に拠点を持っており、各地域の情報に精通しているところであれば、都庁のみならず県庁の人間関係、職務内容、現場の雰囲気などをアドバイスしてくれたり、または実際に採用されるために何が必要とされているのかを教えてくれたりします。

都庁・県庁の求人にも強い!転職サイトランキング

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 官公庁求人サイトランキング【※安定した環境で働きたい方必読!】 All Rights Reserved.