区役所・市役所の求人

官公庁求人TOP >> 勤務先別の官公庁求人 >> 区役所・市役所の求人

区役所・市役所の求人を探すには?

区役所・市役所での就職を希望する場合は、地方公務員試験に合格し、希望する市役所、または区役所での採用試験に合格することが基本となります。

市役所・区役所の採用試験は主に6月下旬実施、7月下旬実施、9月下旬実施、それ以降の時期に実施する4つの日程にわけられますが、具体的な応募時期・試験日程などは各区役所・市役所によって異なりますので、LASDECなどでいつ求人募集が掲載されるのか、いつから募集を開始するのかなどをしっかり確認しておくことが大切です。その際、あわせて転職サイトも活用するとよいでしょう。自治体によっては転職サイト上で求人情報を公開し、転職サイトが窓口となって採用に関する相談や求人募集に必要なことなどの問い合わせを行うことが出来ます。つまり民間企業も含めた転職活動を行いながらも、区役所や市役所への転職を希望していた場合、転職サイトを利用していればいちいち各自治体のホームページを日々確認しなくても良いのです。もちろん詳細な募集要項、採用申し込みなどは各市役所・区役所のホームページで確認することがとても重要です。

市役所・区役所で働くための採用試験に関してですが、実は東京都だけ特別区職員採用試験が実施されています。これは他の市、例えば横浜市などでは市役所職員採用試験に合格すれば、市役所だけではなく区役所などの職員としても勤務できるようになりますが、東京都の場合23区内の区役所で働くためには、東京都職員試験と同じ日程で別に実施される特別区職員採用試験に合格する必要があるのです。当然薬理や医療、介護、福祉などの専門職を希望する場合はその職務を行うために必要な資格・免許を保持していなければなりません。

よく市役所職員・区役所職員で働く上で勘違いされやすいのが、ただ日々のルーティンワークを行っていれば良い、と考えられがちなことです。これは間違いで、各自治体では日々市の運営に関する財政、教育、社会福祉などの諸問題に直面しており、特に都市圏以外の自治体では少子高齢化などにより社会保障費の問題が大きくなっています。また地方議会対策や住民と行政との調整、他の自治体との折衝など携わらなければならない課題は多くあります。区役所・市役所としては、そのような課題に積極的に取り組み、かつ高い判断力・行動力・決断力を持つ人材を必要としています。その意味で民間企業経験者は大きな戦力になりうるといえます。

市役所・区役所の求人に募集し、採用されるまでに必要となること、情報、活動方法などについては自分で調べるだけではなく、転職サイトを活用するとより効率的に動けるでしょう。

区役所・市役所の求人にも強い!転職サイトランキング

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 官公庁求人サイトランキング【※安定した環境で働きたい方必読!】 All Rights Reserved.