税関の求人

官公庁求人TOP >> 勤務先別の官公庁求人 >> 税関の求人

税関の求人を探すには?

国際化社会・グローバル化が急速的に進んでいく中で、税関の役割は非常に大きなものとなっており、日本の税関が国際社会、そして日本に対して果たす役割も重要なものとなっています。そもそも税関は財務省の管轄にあり、日本の経済・社会活動を支える役割を持ちながら、一方で国際社会に日本国民・企業が進出していく中で、安心して、安全な生活をしていくための基盤を支える役割を持っています。

税関での中途採用実績に関しては、非常に狭き門であると言われています。実際新卒採用も含めて税関職員(税務職員)の総合職として採用された人数は3〜5人程度と非常に少なく、一方各都市の税関の一般職として採用された人数は、II種・III種試験を合格して採用された人数は数十〜百数名となっていますが、中途採用で就職した人数は1〜2人程度ととても少ないのです。II種での採用を考えている場合は大卒程度のレベルであり、かつ28歳まで、III酒の場合は20歳までに受験しなければなりません。たとえこの国家公務員試験に合格しても税関に採用されるかどうかは非常に難しいところで、中途採用だけではなく、一般採用においても倍率の高い競争を強いられるものと考えられています。

民間企業でも貿易実務を行うことは可能ですが、よりレベルの高い業務を担当するには貿易検定の資格を取得し、かつ高い専門知識を持った上で業務に取り組むことが必要とされています。そこから通関士として働き始めたいとおもった場合も、貿易会社に勤めながら複雑な業務をしっかりこなし、かつ管理部門で十分な実績を認められた後に認められる職業であるため、いかに貿易関連業務がレベルの高い仕事であるか、理解することが出来るでしょう。

実際の税関の業務は輸出入に関する関税、消費税などの適性な賦課徴収、および禁輸品の水際での出入り防止、迅速な税関処理となります。仮に危険物や麻薬などを発見した場合は、即座に警察や消防署など関係機関に引き渡すことが税関の仕事となります。そのため基本的には貿易会社との事務連絡、および荷物の検査・実査が中心となります。業務内容が非常に複雑であり、かつ慎重に実査を行っていかなければならないため、少数精鋭で質の高い業務レベルが求められます。

このため税関の求人は人気が非常に高く、熾烈な競争が予想されるものであるため、求人募集が掲載されたらすぐに応募できるようにしておかなければなりません。ホームページを参照するのはもちろん、転職サイトを活用してすぐに情報を手に入れられるようにしておきましょう。

税関の求人にも強い!転職サイトランキング

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 官公庁求人サイトランキング【※安定した環境で働きたい方必読!】 All Rights Reserved.