20代での官公庁への転職

官公庁求人TOP >> 職種別・条件別の官公庁求人 >> 20代での転職

20代で官公庁への転職はできる?

20代から官公庁への転職を考えている方の場合、まずは希望する省庁や役所、自治体などを考慮して、就職するために必要な公務員試験に合格することがまず第一といえます。すでに公務員試験に合格し、資格を所有している場合は、いかに自分のポテンシャルや経歴をプレゼンテーション出来るのかが採用への鍵となるでしょう。

20代はまだまだ実績・経験といった分野は採用側からは判断基準とはしておらず、それよりも当人がいかに官公庁の各分野でどれほど活躍できるか、ひいては中心人物・管理者・責任者となって業務改善や課題解決にどう取り組んでいけるのかを判断のポイントとします。これは官公庁だけに限らず、官公庁関連業務を請け負う民間企業なども同様のものと考えられます。そのためまずは自分自身が官公庁で働くことによってどのような目標を持っているのか、今後の将来的なビジョンをどう描いているのかをしっかりアピールし、プレゼンしていくことがまずは重要となります。

20代であれば国家公務員試験、都庁・県庁採用試験なども受験できる年齢である場合が多く、しっかり勉強をして試験にのぞむことができれば、誰にでもチャンスのあるものだといえます。そのためまずはしっかり公務員試験の勉強を専門学校や通信教育などで行い、万全の体制で受験できるよう準備を行なっていきましょう。それと並行して日々のニュースや政治・経済・文化・国際情勢・将来の目標などをしっかり意識して、自分が官公庁で働くにあたってどのように貢献していけるのかを具体的に持っていきましょう。

また官公庁関連の民間企業への転職を考えた場合も、20代であればそのポテンシャルを重視して、様々な経験を積める環境も多くあります。募集要項と自己のスキル、それらを踏まえた自己プレゼン能力を上げていくことが転職活動においては最も重要な事である、と考えられています。

転職サイトを活用すれば、そういった自己プレゼン能力やスキルに見合った求人情報のマッチング、さらにキャリアコンサルタントによる様々なアドバイスをもとに、志望する官公庁求人、および関連企業求人への採用もグッとちかまることでしょう。一つ一つ自分で官公庁運営のホームページなどを確認しながらでは、効率も悪くなってしまいます。それよりも広く情報を集め、より深い情報を必要とした時などに直接ホームページや専用のサイトなどを確認し、分析を行いながら転職活動を進めていくことが肝心です。20代はこれからの日本の将来、自治体の将来を担う存在であると官公庁の採用側も考えているので、積極的に行動していきましょう。

官公庁に転職したい20代の方へ!求人サイトランキング

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 官公庁求人サイトランキング【※安定した環境で働きたい方必読!】 All Rights Reserved.