30代での官公庁への転職

官公庁求人TOP >> 職種別・条件別の官公庁求人 >> 30代での転職

30代での官公庁への転職は?

30代の方で民間企業から、または別の役所などから官公庁・関係省庁への転職を希望する場合、一般の民間企業の転職と同様、30代がひとつの節目と考えるのが一般的といえるでしょう。もちろん能力、経験、実績が申し分ない方の場合、民間企業への転職はスムーズに行える場合もありますが、官公庁や役所、自治体など公務員として転職する場合、きちんと段階を踏んで採用までのスケジュールを組み立てていくことが大切です。

30代でも国家公務員I種試験や都庁の経験者枠、警視庁の専門職員や特別捜査官、技能職など受験資格があるものも多数存在するため、しっかりと勉強、準備をすすめていけば決して不可能な転職とはいえません。ただし勉強面では若い世代よりも若干ハンデをおってしまっていることは否定できません。そのため民間企業等でしっかり実績を積んできた方は、経験者枠や中途採用者枠で自己をきちんとアピールできることが重要となってきます。

一方官公庁関連の業務を担当している民間企業の場合は特別な試験などはありませんが、その分即戦力となりうる人材を求めており、かつマネージメント能力、経営企画に携わっていける能力、官公庁の担当者や部下とのコミュニケーションスキル、プレゼンテーション能力、そして人格的な魅力などが重視される傾向にあります。何より必要とされる分野・業務において、高い技能を期待される人材でなければならず、そのことを積極的にアピールできることが転職成功への鍵となります。

官公庁または官公庁関連企業への転職を志すのであれば、なぜ官公庁の仕事に携わりたいのか、といったことをきちんとプレゼンできることが不可欠となります。そのため普段から政治や経済、文化、外交などにアンテナをはり、自分のスキルをそれらの分野でどう活かすことが出来るのかを綿密に組み立てておかなければなりません。行政や国際政治、金融、国際経済などはめまぐるしく状況が変化しており、それらに常に対応しうる知識・スキルを日々学んでいく姿勢も重要な判断ポイントとなります。30代というある程度の実績・経験を積んできおり、かつ常に問題意識・課題解決への取り組み姿勢を持っていること、それが官公庁での仕事を行うにあたり必要なこととされているのです。

30代から転職可能な官公庁の求人を探す場合は、転職サイトなど検索機能が充実しており、かつ30代という条件でも採用活動を行っている求人を見つけることの出来るものを活用していくことが大切です。転職サイトであれば官公庁採用のために必要なアドバイス・ノウハウなどを親身に提供してくれますので、ぜひ活用して、スムーズな転職を実現しましょう。

官公庁に転職したい30代の方へ!求人サイトランキング

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 官公庁求人サイトランキング【※安定した環境で働きたい方必読!】 All Rights Reserved.