英語力を活かせる官公庁の求人

官公庁求人TOP >> 職種別・条件別の官公庁求人 >> 英語力を活かせる求人

官公庁で英語を活かして働くには?求人の探し方は?

現在官公庁だけではなく、民間企業においてもグローバル化の流れを受け、国際スタンダードな言語として、英語力が大変重視されるケースが多くなっています。具体的にはTOEIC800点以上のスコアを持つレベルの英語力があって、はじめて評価されることが多いようですが、業務の内容によってはTOEIC680点以上あれば十分に活躍できる人材であると考えられるケースもあるようです。

英語力を活かせる官公庁の仕事といえば、真っ先に思い浮かべるのが大使館での仕事でしょう。在外公館派遣員として、各国の大使館で働く上で、英語力は最低限必要な能力として考えられます。諸外国との連絡や交渉、交流などの場面に際し、英語の書類を作成したり、処理したり、または英語を通じて対面コミュニケーションを行ったりする機会も想定されるため、英語力をいかんなく発揮できる職場といえるでしょう。特にビザの発給などは申請元の相手が外国人であるため、最低限の英語力は必要不可欠と考えられます。また在日のアメリカやイギリスなどの大使館で働きたいといった場合、英語力は最低限コミュニケーションを図っていく上で絶対に必要なものとなります。大使館の職員の多くは現場地域で採用されることが多いことから、英語力のある日本人の方であれば、欠員補充などのタイミングで公開される求人情報に英語で申し込みを行い、英語の面接試験などをクリアして、採用されるケースもよくあります。

税関での仕事も、もちろん英語力を活かせる場面が多々あります。基本的に輸出入品の検品・実査といった仕事が主なのもとなりますが、場合によっては輸入先の外国の貿易会社と英語で連絡を取り合ったり、審査報告などを提出する場合もあります。その際英語力が非常に重要なものとなり、さらに他国の税関で働きたいと考えている方の場合は英語力は絶対的に必要なものとされます。

英語力を活かした官公庁の仕事はたくさんあります。国際文書作成に関する翻訳業務や通訳、外交に関する英語書類の整理や適切な処理、専門知識を必要とする契約書やマニュアル・書類などの翻訳作業など様々です。日本の行政においても外交・国際社会でのプレゼンなどは非常に重要な意味を持っており、それによって今後の日本の世界からの評価・対応なども変わってきます。その重要な責務を果たせるのが、英語力を活かした仕事であるといえます。

英語力を活かした官公庁求人は、転職サイトの検索機能を利用して探せば、幅広く見つけることが出来るでしょう。自分の英語スキルに見合った求人情報をマッチングしてくれるサービスなどもありますので、転職サイトを活用することがまずは重要です。

官公庁で英語を活かして働きたい方必見のサイト!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 官公庁求人サイトランキング【※安定した環境で働きたい方必読!】 All Rights Reserved.