官公庁での翻訳の求人

官公庁求人TOP >> 職種別・条件別の官公庁求人 >> 翻訳の求人

官公庁での翻訳の求人を探すには?

グローバル化がどんどん進んでいく中、民間企業においても英語をはじめとした外国語を翻訳できる人材を求める姿勢が強まっています。当然官公庁や自治体などに関しても、外国語を翻訳できる人材を求めるケースも多く見られています。翻訳の仕事とは、簡単にいえば外国語を日本語に訳す、または日本語を外国語に訳す仕事となるわけですが、民間企業におけるビジネスレターなどとは異なり、より法的な根拠が必要であるケースや諸外国に向けた日本国としての意思の発表する場であることなどが想定されるため、より高い知識と外国語能力を身につけていることが必須と考えられます。

主な官公庁翻訳の求人としては、官公庁で作成される様々な文書の英語翻訳またはそれ以外の外国語への翻訳作業、および行政機関向けに申請する英語などの外国語書類の日本語翻訳などが主なものとされています。特に国際機関年次報告書や特許出願書類など、国際法務への深い理解・知識を持っており、さらにその分野での実績・経験があれば採用に結びつくことも多くなっています。しかしながら一方で法務翻訳の未経験者であっても、しっかりとした外語能力と翻訳の実績を持っていれば、そのポテンシャルを考慮して採用に結びつくパターンも存在します。まずは国際法務の学習をしっかり行いながら、どのようなフォーマットで運用され、どのような処理形態となっているのか、そしてどのように文章を構成していかなければならないのかを熟知しておくことが重要となります。

英語力はもちろんのこと、それ以外の外国語にも精通しているとより高い評価を得られるケースが多くあります。特に東南アジア系の言語(タイ語やベトナム語、インドネシア語など)を熟知していると採用までスムーズに進めることが出来るでしょう。東南アジア系から日本に働きに来る外国人の方も多く、そういった方々の申請書類を翻訳したり、または翻訳した書類を提出したりする業務をそつなくこなしていける人材の需要は非常に大きいものとなっています。ASEANの活動が活発化していく中で、東南アジア系の言語や文化に強い方は、翻訳業務においても重宝されています。

官公庁の翻訳の求人を探す場合は、転職サイトを活用するのが一番賢い方法と言えます。なぜなら、外務省などに直接公務員として応募していく場合を除き、翻訳業務に絞って検索するのであれば、転職サイトの検索機能や会員向けに公開される求人情報を調べていくことがもっとも効率的な方法であるといえるからです。

官公庁の翻訳の求人をお探しなら!転職サイトランキング

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 官公庁求人サイトランキング【※安定した環境で働きたい方必読!】 All Rights Reserved.